収支計画を立てて経営しよう|マンション1棟買いで未来に蓄えを残す

女の人

チャンス到来です

集合住宅

条件が緩和されています

マンション投資の人気が続いています。最近では金融機関の融資姿勢もかなり緩くなってきました。4年から5年前には、年収500万円以上、勤続年数3年以上という条件が一般的でした。そのため、若い世代でマンション投資を始めることができる人はかなり限られていました。それが、ここ1年くらいで、これらの融資条件が大幅に変わってきたのです。勤続年数が3年なくても融資をしてくれるところもありますし、年収条件もじわじわと下がってきています。過去にマンション投資のための融資を断られているのであれば、今もう一度、金融機関をあたってみるとよいです。マンション投資を新たに始める人だけでなく、すでに始めている人がメリットを受けられるケースもあります。

借り換えを検討しよう

それは金利です。融資条件とともに金利もじわじわと下がり始めてきています。地方銀行や信用金庫では、融資金利が1%前半となっているケースもあります。もしも、数年前に2%や3%でローンを組んでいるようであれば、近くの信用金庫などに借り換えの相談をしてみるとよいです。1000万円の借り換えをして、金利差が2%あったとしたら、年間20万円もの金利コストを削減することができます。金利を低くすることができれば、キャッシュフローを改善することができ、新たなマンションを早期に購入することもできます。金融機関がマンション投資に対する融資に積極的になっている今こそ、マンション投資を拡大させる絶好のチャンスといえます。